So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

白鵬 鶴竜 春場所 動画 [エンタメ]

白鵬 鶴竜 春場所 動画

kakuryu.JPG


大相撲春場所で大関鶴竜(28)(井筒部屋)が初優勝しました。

その後行われた、横綱審議委員会にて、

満場一致で横綱への推薦を決めました。



日本の国技である相撲。

新横綱の誕生はやはり、華やかなニュースです。



今回の横綱の審査は、わずか11分で決まったそうです。

地道に勝ち星を重ねてきたことや、まじめな人がらも考慮さたそうです。



スポーツは結果がすべて。

たしかにそれはそのとおりです。

しかし、横綱というのは、スターですから、

人格的にもすばらしい人間であってほしい。

日本人的ではありましょうが、そういう思いで選ばれたということは、

すごく、うれしいことと思います。




春場所の大一番と言えば、

同じモンゴル出身の横綱である白鳳との一戦。

同じ一敗同士で迎えた一番です。

見逃した方もいるでしょうから、動画をどうぞ。







先場所では、白鳳に破れてしまっていたため、

そこにかける思いも強かったのでしょう。

白鳳は、後のインタビューで鶴竜の気迫が違ったと

語っています。

やはり、強い思いで臨んだ結果なのでしょう。



出身はモンゴル

鶴竜の出身は、モンゴルです。

最近では、モンゴルの力士が活躍しています。

横綱になったのは、朝青龍、白鳳、日馬富士につづいて、

4人目です。

以前は、外国人は横綱にはなれないと言われていたことも

ありましたが、最近では海外の力士がどんどん活躍しています。

ヨーロッパ出身の把瑠都やエジプトの大砂嵐など。

しこ名もユニークなものです^^



鶴竜の話に戻りますが、

本名は、マンガラジャラブ・アナンダ。

大学教授一家の裕福な家庭に生まれたそうです。

スポーツも勉強もがんばる優等生でした。

テレビ中継の相撲を見て、力士になることを決意。

日本にやってきます。

井筒部屋に入門したのが2001年とのことですから、

いまから、13年前。

15歳のときです。

15歳で一人で外国へいく。すごいですよね。


現在では150kgほどですが、入門当時は65kg程度だった。

決して、体格に恵まれていたわけではない様です。

そこから、努力を重ね、13年かけて横綱に昇進。




委員会が11分で横綱になることを決めたことにも、

うなずけます。



これからは、横綱としてどのような活躍を見せてくれるのか。

4人目のモンゴル横綱に注目しましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。