So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

二階堂ふみ 大学 浪人を経て慶応合格 [エンタメ]

女優の二階堂ふみさん が慶応大学に合格したようです。

二階堂ふみは去年公開した映画、脳男に連続爆弾魔役として出演し、
一気に知名度が高くなりました。

演技が評価されたことは、もちろんなこと、
その人柄というか、性格というか、
「二階堂ふみ本人」に注目されました。

脳男と撮影中に主演の生田斗真さんに首を締められるシーンで、
失神していたようです。
お互いに演技にたいする態度が真摯であるため、
おこったことでしょう。

「監督から『もっと締めて』と言われてしのびなかったんですけど、
グッとやったらふみちゃんがガタッと落ちてしまって…
トラウマになってます」
とのことです。

撮影の現場が、かなり過酷だったようで、
公開初日舞台あいさつで毒ついてました^^

本題へうつります。
二階堂ふみは浪人の末に慶応大学に合格したそうです。

合格した学部は「総合政策学部」です
いったい、どんなことを学ぶ学部なのでしょうか?

調べてみると・・・
現在世界中に存在する問題。 環境、エネルギー、格差拡大、戦争、民族・宗教対立など これらの多くの問題を解決することがかのうな人材を育成する。 「問題解決のプロフェッショナル」を育成することを目的とした、 学部の様です。 よくいう、文系・理系の枠にとらわれず、 幅の広い視野をもてるようにということがモットーの様です。

本人が、どのような思いでこの学部を志したかは
よくわかりません。
ネット上には、芸能人が慶応大学に入学したということで、
批判的な声も上がっています。

しかし、すごい俳優さんや女優さんをみてみると
ものすごいバックボーンがあって、それが演技に
影響を与えているということはあるようです。
いろいろなことを学んでいるからこそ、
役に共感できる。

こういう意味では、
はばひろい分野の勉強ができるため、
非常に今後の役者人生でも生きてくるのではないかと思います。

二階堂ふみさんは、まだ19歳。
いろいろと学んですばらしい演技を見せてくれることを
期待しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。