So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

宮本武蔵 木村拓哉 キャスト [エンタメ]

テレビ朝日開局55周年記念のスペシャルドラマ「宮本武蔵」に

SMAPの木村拓哉が宮本武蔵を演じることが発表されています。

放送は、3月15日(土)、3月16日(日)−の2夜連続で放送される予定です。

時間はそれぞれ21:00からスタートです。

撮影に使われたロケ地は、京都だそうです。



ご存知の通り、京都は今でも幕末の戦いの跡が残されている場所です。

もちろんロケ地としても有名なところではあるのですが、

京都を選んだことにテレビ朝日が本気を出していることを感じさせられます。





主演の木村拓哉は、子供の頃に剣道を習っていました。

スマスマでもその腕前を披露したこともあります。

僕自身が剣道は習ったことがないので細かいことはわかりませんが、

動きも機敏ですごいなーと、感じました。


本人も、「小さい頃から、刀をふるということを経験してきたので、宮本武蔵という存在はいやでも意識してしまう人物。

武蔵に抱いていた謎も、ひとつひとつ解決していけることも楽しみにしています」とコメント。




登場人物とキャストはどうでしょうか?


主演 宮本武蔵(木村拓哉)

宮本武蔵は木村拓哉が演じます。

剣の道を究めようとするもの。

その途中途中で、強敵と戦い、そして勝ち、天下無双を目指していきます。

一体どのような、剣さばきを見せてくれるのでしょうか?




佐々木小次郎(沢村一樹)

長さが約1mの長剣。通称「物干竿」をあつかう武蔵のライバル。

実際に、いろいろな記録の残っている武蔵と違い、

小次郎のことはわからないことが多いのだそうです。

だからこそ、よりミステリアスな雰囲気が漂う剣士なのでしょう。

そんな、佐々木小次郎は沢村一樹が演じます。

写真を見ても、クールな雰囲気が感じられます。

武蔵との一騎打ちはどう描かれるのか?





お通(真木よう子)

武蔵に思いを寄せるお通を演じるのは真木よう子。

剣術に目がいきがちではありますが、

宮本武蔵のドラマ・映画ではお通との恋物語も見逃せません。

作品によって、いろいろと描かれ方の違うお通。

真木よう子はすこし大人の感じになりそうな予感がします。



そのほかにも個性的なキャラクターが登場する、

「宮本武蔵」です。


武蔵を導いていく支障のような存在の沢庵和尚には、香川照之。

破天荒な和尚といった言葉があうの存在感がたっぷりのキャラクター。



名門・吉岡流の党首でありながら、遊び人。でも実は、弟の伝七郎以上の剣のつかいて

である、吉岡清十郎は松田翔太が演じます。


より詳しい情報は、本家サイトで


登場人物とそのキャストを調べてみると、

とても見応えのありそうな、ドラマになることは間違いなさそうです。


ぜひ今週末の15日、16日は「宮本武蔵」をご覧になっては、

いかがでしょうか?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。