So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

仲間由紀恵が「花子とアン」で来ている着物は??しらべてみると・・ [エンタメ]

仲間由紀恵が「花子とアン」で来ている着物は??しらべてみると・・

この記事では

仲間由紀恵が「花子とアン」葉山蓮子役で来ている着物は??しらべてみると・・
について書いています!

現在放送中の連続テレビ小説「花子とアン」も6週目となりました。
4週目に登場した葉山蓮子(仲間由紀恵)が、スゴく印象的で存在感があります。

renko02.jpg


葉山蓮子は、はじめこそはひどいやつだと思いました。
しかし、文学に対する造詣が深く、花とは生涯の友となります。


原作以上に花と蓮子の関係を細かく描いている、
ドラマの花子とアン。
お互いが「花ちゃん」「蓮子さま」と呼び合う中です。
実在の人物もそうだった様です。

renko01.jpg


このとき花はまだ16歳。
恋愛もまだな女の子です。
8つ年上の蓮子は、花のめにはどのように移っていたのでしょうか?

今週に入ってからのお話で、蓮子は自分の家を救う為に望まない結婚をすることとなりました。
花との友情は一度、決裂してしまいます。
(ネタバレですが、後で二人の間の誤解は溶ける様です。よかった)


仲間由紀恵さん演じる葉山蓮子は、本人の存在感もさることながら、
着ている着物がスゴくすてきなため、
そちらの方でも、注目を集めている様です。

学校にいるときは、すこしおとなしめな着物を着ていますが、
(それでも、他の生徒よりは派手で、めだっている)
結婚式前の食事会などでは、とても色鮮やかな着物を着ていました。

NHKのスタッフブロヅでもありましたが、
蓮子の来ている着物は、ドラマの為に新調したものもありますが、
スタッフがかけずり回って、アンティークのものを探してきているものが多いそうです。

スタッフのがんばりがあったおかげなのですね。
すごくきれいで和服です。

和服なのでけれど、
大正時代っぽく、どこか洋風の香りのするよいデザインですよね。


そのあたりの手の込みようが、
主人公の花よりも優遇されている気がします。

とはいっても、花のきている真っ赤な服もすてきです。
とくに、甲府に帰るシーンで、田んぼ道をあの真っ赤な服を来て歩いているところは、
いい絵だなと思いました。


大ヒット中のドラマはさすがです。
服についてもしっかりと手間をかけているものなのですね。

renko03.jpg

以上
仲間由紀恵が「花子とアン」で来ている着物は??しらべてみると・・
でした!
最後までありがとうございました!

仲間由紀恵 葉山蓮子役!! 花子とアンでの演技の評価は?? [エンタメ]

この記事では

仲間由紀恵 葉山蓮子役!! 花子とアンでの演技の評価は??
について書いています!

連続テレビ小説「花子とアン」が絶好調です。
前回の「ごちそうさん」、その前の「あまちゃん」をしのぐ勢いです。
6週間放送して、週間平均視聴率は21%。
先週の金曜日の放送に至っては、連続テレビ小説の過去最高新記録の24.8%だったようです。

前回の「ごちそうさん」は、大ヒットのあまちゃんを超えたためか、
「花子とアン」は、ごち越えは無理だろうといわれていましたが、
ふたを開けてみれば、超えてしまった。
「花子とアン」すごいです。

みていて、とてもおもしろい。

個人的には、文学に携わった人がどのような人生を歩んできたのか、
勉強にどのように取り組んだのかを知ることができるため、
その点でも、面白いと思う。

主演の吉高由里子の演じる「はな」がすごくかわいい。
廊下を走って、ブラックバーン校長に「go to bed」といわれて、
布団をかぶって、丸くなりながら辞書を引いているところは、
吉高由里子ファンならずとも、かわいいなと思ってしまうのではないでしょうか??


第4週からは、仲間由紀恵の演じる葉山蓮子が登場します。
仲間由紀恵の存在感なのでしょうか。登場したことによって、
全体がしっかりとしまったような印象を受けました。


仲間由紀恵の演技力はどうなのでしょうか?
仲間由紀恵の評価は、けっこう分かれます。
ネット上では、スゴく好きな女優さんだと言う声とともに、
多いのは・・演技がへた。いつも同じ演技と言った声です。

そんな、感じはしないのですがけっこう女優さんを見る目は厳しい人もいる様です。

これまでの仲間由紀恵の代表というと、
「TRICK」や「ごくせん」がゆうめいですね。
シリアスな役というよりは、コミカルな役を演じたときの方が印象に残っています。
いわれてみると、どの役をやっても似たような感じにはなっています。

評論家たちの意見はというと、
ある芸能評論家は「頭がよく努力家なうえ、珍しい個性を持つ女優」と評価しています。
2006年の大河ドラマ「武蔵」で、佐々木小次郎の恋人役で出演しました。
このときは、非常に美人だなという印象を受けました。
このような気品に満ちたオーラは、汚れ役を演じたとしてもどこか品格として、
でてきています。このあたりは、仲間由紀恵の持つ特徴なのでしょう。

しかし、ドラマ評論家は、次のように評価しています。
「決して、演技がうまいわけではない。
 技能系でも、憑依系でもない。
 いつも同じような演技をするハンコ系。
 しかし、いるだけで目立つ、むかしの銀幕のスターを彷彿とさせる」

仲間由紀恵にとって、やはり演技力は過大になる様です。
強い武器は持っているので、そこに演技力がくわわればさらにすばらしい女優さんとなるでしょう。

今回、これまでと違った役柄ではまり役となりました。
これがきっかけに、新しい自分を開拓して、
大活躍していけたら、すごいですね。


以上
仲間由紀恵 葉山蓮子役!! 花子とアンでの演技の評価は??
でした!
最後までありがとうございました!

仲間由紀恵のはまり役!!花子とアン 葉山蓮子がすごくきれい!! [エンタメ]

仲間由紀恵のはまり役!!花子とアン 葉山蓮子がすごくきれい!!

この記事では

久しぶりの仲間由紀恵 はまり役!!花子とアン 葉山蓮子がすごくきれい!!
について書いています!


仲間由紀恵がしばらくぶりのハマり役です。
現在放送中の連続テレビ小説「花子とアン」は、見ているでしょうか?

夜の時間帯に放送するドラマは、
時間の関係上なかなか続けてみることが難しいのですが、
連続テレビ小説は、時間帯のせいもあって、ずっとみています。

とくに、ここ最近はヒットドラマ続きですから、
うれしいです。一時期微妙なときもありましたが、
今は安定感のある連続テレビ小説です。

仲間由紀恵の演じる役は、「葉山蓮子」といいます。
主人公のはなとは、8つ違い。
生まれもはなは、貧乏なうまれでしたが、
蓮子は、両家のお嬢様。

はなの家に遊びにいくシーンがあったのですが、
家に入ったときのひとこと。
「おおきな玄関ですこと」
は、わらってしまいました。
きっと、本気で思っているんだなって、思えるところがおかしかった。

存在感もばっちりでまさに、はまり役といえるところです。


蓮子の不幸ぶりが詳細に描かれた先週の「花子とアン」の
視聴率は急上昇しました。
9日金曜日の放送では、関東圏で24.8%を記録!
これは、連続テレビ小説では最高値だそうです。

仲間由紀恵の代表作と言えば、「TRICK」シリーズや「ごくせん」シリーズなど、
癖の強い役が多い。
そして、どちらかというとコミカルな役がヒットしています。

そこにきて、今回の葉山蓮子の薄幸な演技ぶり。
これが、視聴者を引きつけた要因の様です。

とくに、大きな演技をしているわけではないのに見入ってしまう。
葉山蓮子を演じる仲間由紀恵には、不思議な魅力がある様です。

芸能評論家の比留間氏は、「頭がよく努力家なうえ、珍しい個性を持つ女優」と評価しています。
ドラマ評論家の田幸和歌子氏は、
「現段階では、演技が決してうまいわけではない。
 器用に顔を変える技能系でも、さまざまな仮面をかぶる憑依系でもない。
 どの作品でも同じハンコ系」
と、酷評しています。

たしかに、ネット上でも演技がいつも同じと言った意見がありました。
しかし、続けて
「画面に映るだけで主役オーラを放つ、かつての銀幕のスターを彷彿とさせる」
と、言っています。


葉山蓮子役では、その言葉通りすばらしい存在感です。
そして、望まない結婚についてはなとけんかしてしまうシーンでは、
その心中を痛いほどに伝わってくるような演技でした。

個人的には、好きな女優さんです。
今回の葉山蓮子役で新境地をみつけて、大活躍してほしいです。
いつも、演技力のことを言われているので、なんかおもしろくない。

雰囲気も、演技力も文句を言わせないような女優さんになってほしいと思います。



以上
仲間由紀恵のはまり役!!花子とアン 葉山蓮子がすごくきれい!!
でした!
最後までありがとうございました!

仲間由紀恵 ハマリ役! 花子とアンで令嬢役の存在感すごい!! [エンタメ]

この記事では

仲間由紀恵 ハマリ役! 花子とアンで令嬢役の存在感すごい!!
について書いています!


NHKの連続テレビ小説。
今回の主人公役は、吉高由里子がつとめます。

hana.jpg


前回の「ごちそうさん」が、あまちゃんをこえる大ヒットとなりました。
そのせいか、ごち越えはむずかしいとささやかれてきたのですが、
スタートしてしまえば、そんな噂はどこえやら。

なんと、週間平均視聴率は6週連続で21%を超えているそうです。
さらにスゴいのは、5/9金曜日の放送です。
関東地区では、番組最大の24.8%を記録しました。

あまちゃん、ごちそうさんとヒット続きの連続テレビ小説ですが、
前回2作をうわまわるヒットドラマとなることは間違いなさそうです。


主演の吉高由里子の天真爛漫さが朝を気持ちよくスタートさせてくれます。
生まれが貧しかったりして、決して幸せではなかったと思うのですが、
どことなく、幸せオーラのある吉高由里子の演じる花です。


そこへさらにドラマを面白くさせている存在があります。
それが、第4週から登場した、仲間由紀恵です。

renko01.jpg

仲間由紀恵が演じているのは、はなの「腹心のとも」となる葉山蓮子なのですが、
存在感がすごい。
主演の吉高由里子食ってしまうほどと評価されています。


仲間由紀恵は、これまでもいろいろとドラマや映画で主演演じてきましたは、
今回はヒロイン役ではありません。

でも、それが逆によかったのかもしれません。
両家のお嬢様の雰囲気をすごくよく感じさせられます。
ここらへんは、さすがです。

renko02.jpg

ネットでは、演技力がどーのこーの。コミカルな役でないとハマらないだの。
いろいろと、言われていますが、
そんなひとには、ぜひ見てほしいと思います。

とくにすばらしかったのは今週です。
自分の家をすくために、なりあがりの富豪と結婚させられてしまう。
はなの気持ちをしりながら、気持ちを悟られないようにする為に、
ウソを突き通すところが、切なさ過ぎました。

はなも親友を失ってしまった悲しみに暮れてしまいますが、
親友に嘘をつき、つらい言葉をかけなければならない葉山蓮子の
心の中が非常によく伝わってくる。

一人で泣くシーンやはなの母親「ふじ」に甘えるシーンなどは、
ほんと、言葉が出なくなります。

朝から涙目のひとも多いのではないでしょうか^^
非常に注目のドラマです。

renko03.jpg

以上
仲間由紀恵 ハマリ役! 花子とアンで令嬢役の存在感すごい!!
でした!
最後までありがとうございました!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。