So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

仲間由紀恵 葉山蓮子役!! 花子とアンでの演技の評価は?? [エンタメ]

この記事では

仲間由紀恵 葉山蓮子役!! 花子とアンでの演技の評価は??
について書いています!

連続テレビ小説「花子とアン」が絶好調です。
前回の「ごちそうさん」、その前の「あまちゃん」をしのぐ勢いです。
6週間放送して、週間平均視聴率は21%。
先週の金曜日の放送に至っては、連続テレビ小説の過去最高新記録の24.8%だったようです。

前回の「ごちそうさん」は、大ヒットのあまちゃんを超えたためか、
「花子とアン」は、ごち越えは無理だろうといわれていましたが、
ふたを開けてみれば、超えてしまった。
「花子とアン」すごいです。

みていて、とてもおもしろい。

個人的には、文学に携わった人がどのような人生を歩んできたのか、
勉強にどのように取り組んだのかを知ることができるため、
その点でも、面白いと思う。

主演の吉高由里子の演じる「はな」がすごくかわいい。
廊下を走って、ブラックバーン校長に「go to bed」といわれて、
布団をかぶって、丸くなりながら辞書を引いているところは、
吉高由里子ファンならずとも、かわいいなと思ってしまうのではないでしょうか??


第4週からは、仲間由紀恵の演じる葉山蓮子が登場します。
仲間由紀恵の存在感なのでしょうか。登場したことによって、
全体がしっかりとしまったような印象を受けました。


仲間由紀恵の演技力はどうなのでしょうか?
仲間由紀恵の評価は、けっこう分かれます。
ネット上では、スゴく好きな女優さんだと言う声とともに、
多いのは・・演技がへた。いつも同じ演技と言った声です。

そんな、感じはしないのですがけっこう女優さんを見る目は厳しい人もいる様です。

これまでの仲間由紀恵の代表というと、
「TRICK」や「ごくせん」がゆうめいですね。
シリアスな役というよりは、コミカルな役を演じたときの方が印象に残っています。
いわれてみると、どの役をやっても似たような感じにはなっています。

評論家たちの意見はというと、
ある芸能評論家は「頭がよく努力家なうえ、珍しい個性を持つ女優」と評価しています。
2006年の大河ドラマ「武蔵」で、佐々木小次郎の恋人役で出演しました。
このときは、非常に美人だなという印象を受けました。
このような気品に満ちたオーラは、汚れ役を演じたとしてもどこか品格として、
でてきています。このあたりは、仲間由紀恵の持つ特徴なのでしょう。

しかし、ドラマ評論家は、次のように評価しています。
「決して、演技がうまいわけではない。
 技能系でも、憑依系でもない。
 いつも同じような演技をするハンコ系。
 しかし、いるだけで目立つ、むかしの銀幕のスターを彷彿とさせる」

仲間由紀恵にとって、やはり演技力は過大になる様です。
強い武器は持っているので、そこに演技力がくわわればさらにすばらしい女優さんとなるでしょう。

今回、これまでと違った役柄ではまり役となりました。
これがきっかけに、新しい自分を開拓して、
大活躍していけたら、すごいですね。


以上
仲間由紀恵 葉山蓮子役!! 花子とアンでの演技の評価は??
でした!
最後までありがとうございました!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。